インプラントはケアが楽チン|衛生的な人工歯

歯科

安全な材料

相談

銀歯やインプラントには金属が使用されています。それが原因で金属アレルギーを起こしてしまうことがあります。口の中で炎症が起こり赤くなってしまい、場合によっては食事を摂ることが出来なくなってしまう方もいると言われています。金属アレルギーは非常に怖いため、治療を受ける際はアレルギーを持っているか知っておくことがベストです。もしも、自分がアレルギーと知らずに、金属を使用している被せ物を歯に取り付けて発症した場合は、除去治療を受けましょう。そして、セラミックなどにチェンジをしてもらうと良いです。

セラミックは金属を全く使用していません。そして、歯と同色のため金属アレルギー以外にも、治療をしたと知られたくない方にも最適な材料です。差し歯や銀歯の変わりの被せ物として使用されていることが多いです。ハイブリッドはセラミックとレジンを混合したタイプで、インレーと言い小さい穴を埋める時に利用されます。オールセラミックスよりも柔らかいですので、歯に負担が掛かりづらいのが特徴的です。このように金属アレルギー対応の歯科材料がありますので、金属アレルギーの方や自分がアレルギーか知らない方は、金属フリーの治療を受けましょう。近年は金属フリーのインプラントもありますので、金属アレルギーを持っている方も、気軽にインプラント治療を受けられるようになりました。金属フリーの治療は保険外のことが多いため、タル治療より費用が高価ですが、健康のことを考えると金属未使用の治療が良いでしょう。